知ってるようで実は知らない印鑑の知識、知らずに恥をかく前にこのサイトで予習しませんか?

印鑑search

様々な印鑑の種類

一口に印鑑と言いましても、印鑑の用途というのは実に様々な種類があります。基本的には認印と実印だけで良いかもしれませんが(管理人もまだ実印と認印しか持っていません(笑))、何処で知識が必要になるかも分かりませんよね。用意しろと言われても印鑑の意味が分からないのでは話にもなりません。でも調べ方もわからない、そんな人の為に一目で分かる印鑑の用途をご紹介していきますので参考にして下さい。

実印

実印というのは皆さんもうおわかりですね。そう、役所に印鑑登録申請をした印鑑のことを実印と言います。この印鑑は、自動車や不動産など、あまりに大きな買い物をする際に必要となってくる印鑑です。使用する場合は役所に印鑑証明書という紙を発行してもらわなければなりません。もらったら、契約する側に実印と印鑑証明書を一緒に提示します。

銀行印

銀行印は銀行に直接登録する印鑑のことを言います。実印登録している印鑑に銀行印登録はさせてはいけませんよ(笑)これは、預金通帳の作成、または引き出し時に使用します。また、家での置き場所も、実印と一緒に置いてしまうのでは無く、実印と銀行印は別々の場所に保管するようにしましょう。

認印

これも皆さんおわかりだと思いますが、この認印というのは、基本的に何処にも登録する必要がありません。一番使う機会の多い印鑑でもあります。主に使用する機会というのは、宅急便などで何か荷物が届いた際に、受け取りの印として認印を押したりすると言うことくらいです。新聞などのちょっとした契約の場合などに推したりする機会が多いと思います。しかし、この認印にも実印ほどではありませんが法的効力がありますので、むやみやたらに印鑑を推すというのは避けた方が良いのかもしれません。

訂正印

この印鑑も別に何処に登録するというわけでは無いのですが、会社で何かしら帳簿などの付け間違いなどをしてしまったときに推す場合が多いです。何故このような事をするかというと、後からの帳簿を不正に書き直しをしたりすることを防ぐ為なのです。「誰が直したのか」ということを明らかにする為の印鑑ですね。

Valuable information

振袖 カタログ
http://furisode.joyful-eli.com/catalog/